サッカー無料動画館

~聖なるポニーテール~サッカー動画紹介ブログ!YouTubeなどで主に選手個々にスポットを当てたサッカー動画を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告 | CM(-) [編集]

[動画]ミシェル・プラティニ フリーキック集

1980年代を代表するサッカー選手の一人“将軍”ミシェル・プラティニのフリーキックをまとめたYouTube動画です。1983年から3年連続でバロンドール(欧州年間最優秀選手)に選ばれるなど、フランスサッカー史に名を残す名選手であり、欧州サッカー連盟(UEFA)の現会長。現役時代は、MFとは思えない爆発的な得点力とその類まれなテクニックでチームを牽引したゲームメイカータイプの選手で、特にフリーキックは“プラトッシュ(Platoche)”と呼ばれ、勝負の懸かった重要な試合で得点を重ねた事により、プラティニの代名詞となっています。


スポンサーサイト

[動画]ミシェル・プラティニ スーパープレー集

「サッカーに人種はない。下手な白人ほど黒人を差別する。」 ミシェル・プラティニ


[動画]将軍『ミシェル・プラティニ』 スーパープレー集

サッカー選手として数々の賞やタイトルを手中に収めてきたプラティニも最後までW杯とは縁がありませんでした。そのW杯についてプラティニは「1978年は若すぎた、1982年は内臓の具合が悪かった、1986年も脚の具合が悪かった、どういう訳かそういう巡り合わせなんだ。」と語っています・・・そんな悲劇の“将軍”ミシェル・プラティニのスーパープレーを収録したYouTube動画です。


[動画]ミシェル・プラティニ スーパープレー集

ゲームメーカーとして有すべき視野の広さ、足元のテクニック、戦術眼、得点感覚、どれをとっても「将軍」という名に相応しいものを持ちあわせており、選手時代の記録と実績、それ以上に、人々の記憶に残るプレーの数々で今も強烈な印象を残している将軍ミシェル・プラティニ。

将軍の愛称から、中盤の中央でロングパスやスルーパスを操る古典的なゲームメーカーを連想される方もいると思いますが、両サイドに流れたり、ペナルティエリア内に積極的に進入して得点を決める、現在でいう1.5列目やトップ下と形容されるプレーを最も得意としていました。そんなフランスをサッカー強豪国の仲間入りをさせたプラティニのスーパープレーを収録した動画です。

プラティニ

[動画]ミシェル・プラティニ 82/83シーズンゴール集

1982年にプラティニはイタリアの名門ユベントスに移籍。当時のユベントスは、ワールドカップ・スペイン大会で優勝したイタリア代表のガエターノ・シレア、アントニオ・カブリーニ、マルコ・タルデッリや、ポーランド代表のズビグニェフ・ボニエクらを擁する強豪クラブでしたが、プラティニはこれらの実力者揃いのクラブの中で早くも中心選手となり1983/84、1985/86シーズンの2度のスクデットを獲得。

また、それまではFKとボールテクニックに秀でた攻撃的MFとゆう評価でしたが、ユベントスで点取り屋としての才能も開花。現在で言うセカンドストライカー的な動きを身に付け、3年連続セリエA得点王にも輝く(147試合で68ゴールを記録)偉業を達成。 また1983/84シーズンにはUEFAカップウィナーズカップ、1984/85にはヘイゼルの悲劇を乗り越えUEFAチャンピオンズカップ、そしてトヨタカップと3度の国際的タイトルを獲得。素晴らしい時をここユベントスで過ごす事となりました。そんなプラティニのユベントス在籍時の1982-83シーズンのゴールをまとめたYouTube動画です。

ミシェル

[動画]ミシェル・プラティニ スーパープレー集

現在のUEFA(欧州サッカー連盟)会長、フランスサッカー協会副会長であるフランスが誇る将軍ミシェル・プラティニ。

攻撃的MFながら3年連続セリエA得点王、1983年から1985年まで3年連続でバロンドール受賞、フランス代表ではキャップ数71試合で41得点。まさに将軍の名に相応しい伝説的名選手です。視野の広さ、足元の優雅なテクニック、右足インサイドキックから繰り出される芸術的なフリーキック、そして何より攻撃的MFながらあの得点感覚・・・ジダンが現れるまでフランスが低迷していた理由が分かります。フランスをサッカー強豪国にしたのはプラティニと言っても過言ではないはずです。そんな”将軍”プラティニのスーパープレーを収録した動画です。

プラティニ3

[動画]ミシェル・プラティニ スーパープレー集

攻撃的なオプションに関しては全てが超一流のプラティニですが特にフリーキックに関しては1976年の代表デビューとなったチェコスロバキア戦、1981年のワールドカップ・スペイン大会予選最終戦オランダ戦、1985年のワールドカップ・メキシコ大会予選最終戦ユーゴスラビア戦、1984年の欧州選手権決勝のスペイン戦など勝負の懸かった重要な試合で得点を決めた事からプラティニの代名詞となっています。そんなフリーキックの名手プラティニのスーパープレーを収録した動画です。

プラティニ

[動画]プラティニ×ジーコ スーパープレー集

代表キャップ数71試合41得点。クラブ通算429試合224得点。シャンパンサッカーフランスを代表する“将軍”ミシェル・プラティニと代表キャップ数88試合66得点。クラブ通算1180試合826得点。 サッカー王国ブラジルを代表する“マラカナンの英雄”ジーコのスーパープレーを収録したYouTube動画です。共に、伝説的な名選手であるとともに天パです!

テンパ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。