サッカー無料動画館

~聖なるポニーテール~サッカー動画紹介ブログ!YouTubeなどで主に選手個々にスポットを当てたサッカー動画を紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告 | CM(-) [編集]

[動画]フランツ・ベッケンバウアーvsペルー代表(1970FIFAワールドカップ・グループ4)

1970年6月10日に行なわれた1970FIFAワールドカップ・メキシコ大会グループ4第3戦、西ドイツ代表対ペルー代表戦のフランツ・ベッケンバウアー(バイエルン・ミュンヘン/西ドイツ代表)のプレーをまとめたYouTube動画です。共にグループリーグを2連勝で飾り、グループ首位を決める戦いとなった西ドイツ代表対ペルー代表戦。序盤から西ドイツが攻勢に出ると、ゲルト・ミュラーのハットトリックで3-1と快勝し、グループ首位で決勝トーナメントへ進んでいます。その後、準決勝でイタリアに敗れるものの、その試合を「アステカの死闘」と呼び、名勝負としてサッカーファンの間で語り継がれています。


スポンサーサイト

[動画]フランツ・ベッケンバウアー スーパープレー集

「サッカーを心の底から愛してこられたこと。強い意志で試合に臨めたこと。そして、運。この三つに自分は支えられた。」フランツ・ベッケンバウアー


[動画]フランツ・ベッケンバウアー スーパープレー集

『神よ、皇帝フランツを守り給え』に詠われたオーストリア皇帝フランツ1世と同じファーストネームであることから皇帝と呼ばれたドイツが誇るスーパーリベロ。監督としても母国をW杯優勝に導くなど『名選手名監督にあらず』が当てはまらない数少ない名選手のうちの一人です。そんな“皇帝”フランツ・ベッケンバウアーのスーパープレーを収録した動画です。


[動画]フランツ・ベッケンバウアー スーパープレー集

ベッケンバウアーという偉大なフットボーラーをリベロ・システム抜きに語ることは出来ません。いわば「攻撃に参加するスイーパー」であるこのポジションは、「ディフェンダーは守備の専門」という従来の概念を根底から覆す革新的なものでした・・・。もちろんこのポジションをベッケンバウアーが確立できた背景にはその理論だけでなく、フィジカル重視で守っていた当時のディフェンダーとは明らかに一線を画す、ベッケンバウアーの非常に高いテクニックとユーティリティー性があったことは言うまでもありません(ベッケンバウアーは史上最もテクニックの高い選手の一人です)。

またその絶大なる守備力の裏には、試合の流れを素早く読む天才的な洞察力があり、常にピッチ全体を見回して危険を素早く察知し、自らの早い動き出しと味方への的確な指示で相手攻撃陣を知らず知らずのうちに網にかけていくその有機的な組織ディフェンスの完成度は、もはや芸術の粋に達していたほどです。そんな”皇帝”フランツ・ベッケンバウアーのスーパープレーを収録した動画です。

フランツ

[動画]フランツ・ベッケンバウアー プレー集

日本人最高のストライカーとして名高い釜本邦茂は、かつて対戦したベッケンバウアーの印象について「後ろのほうでただフワーッと立っているだけという感じだったが、これはいけると思ってボールを持つと、イメージしたシュートコースはすべて塞がれていた。」と話しています。それだけ彼の洞察力、危機察知能力は群を抜いていたんでしょうね。そんなフランツ・ベッケンバウアーのプレーをまとめた動画です。

ベッケンバウアー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。